健康

あなたは大丈夫?体とお口のニオイケアの秘訣とは!?

更新日:

 

電車やバスに乗っているときや、会社で同僚などと話をしているとき。

意外と気が付かないのが、自分の体やお口のにおいなんです。

向かい合ったときなど、他の人のニオイははっきりとわかるのですけどね?

自分のにおいは慣れてしまっているため、気づくのが難しいみたいなんです。

 

「あの人、ちょっと臭うなあ・・・」なんて感じていたとしても、他の人からは自分も「あの人クサイ!」なんて言われているケースだってあるんですよね。

なので、

  • どうしてニオイが出てしまうのか?
  • どのようにしていけば、臭わないように対策していけばよいのか?

解説していくことにします。

 

どうしてなの?身体の臭いがでちゃう原因は?

 

汗や皮脂の成分が臭ってしまう

脇や耳の下、背中や足の裏など、汗の成分は違っているんです。意外と知られていないかもしれませんが、身体の部位によって臭いが発生しやすい汗というものがあるんです。

また、皮脂も溜まってしまうと酸化してしまい臭いの成分が作り出されてしまうのです。

 

加齢臭の原因とされているのがノネナール。これを抑えなければ、臭いをなくすのは難しでしょう。

加齢によって臭いの成分が出やすくなってしまうのは残念ですが、喫煙や飲酒でも臭いの成分を増やしてしまいます。

また、不規則な生活もニオイ対策には要注意ですよ。

 

皮膚についている雑菌でにおいがつくられてしまう

さらっとした汗の場合は基本的に、すぐ臭うということってありませんよね。

でも、これが臭いの元になってしまう場合があるんです。

皮膚についている常在菌が、汗や皮脂・垢などを栄養素として繁殖する時に、アンモニアを発生。

 

なので、汗が無臭だったとしても、時間がたってくると臭いが発生しやすくなります。

 

 

体の中に病気が発生しているとき、体内から特有の臭いが滲み出てくる場合があります。

皮膚からだったり、もちろん呼吸からもです。

急に、今までにないような臭いを感じている場合、糖尿病や肝臓の病気になっている可能性があります。

自分の身体の様子をじっくり観察してください。

 

では、どのように臭いを防いでいったらいいの?

 

汗をきちんとケアするように

 

「汗をこまめに逃さず拭き取ればいいんでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、、、

知っておいて欲しい、ちょっとしたコツがあるんですよ。

 

乾いたハンカチなどではなく、濡れたタオルなどで拭き取るようにしてください。

乾いているハンカチ・タオルなどで汗を拭き取ると、乾燥してしまうから逆に汗が止まらなくなってしまう場合があるからです。

濡れているもので拭き取れば、体温も下げられるし清潔に拭き取ることができますよ。

 

衣類はこまめにとりかえて

着るものは、もちろん毎日取り替えるようにしましょう。

汗が染み込んでいるものを着ていると、雑菌が繁殖しやすくなるし、体に臭いがつきやすくなってしまいます。

寝具、とくにシーツと枕カバーもこまめにせんたくしてください。

 

生活習慣を見直してみましょう

 

食生活や生活のリズムが変わってきてしまうと、臭いが出やすい体質に変わってしまいます。

これから紹介する生活習慣を取り入れていってみましょう。

 

[aside type="boader"]

タバコを吸う本数を減らしましょう。

お酒を飲む量もひかえるようにしましょう。

エアコンもあまり使わないようにしてください。

シャワーだけの生活はダメ。

[/aside]

 

運動や散歩などで、積極的に汗をかいてください。

 

汗をかくことによって、汗腺の機能を高めることができます。これによって、臭いの成分を抑えることができるんですよ。

汗をかいてしまうとダメということではないんです。

 

食生活を見直そう

にんにくやネギを食べると臭うというのは一時的なもの。ここでいう体臭とは別のものになります。

体臭がでやすい食生活というのは、お肉や乳製品がメインになっているものです。

アルカリ性食品を増やしたり、野菜をメインにした食事を取り入れてください。

毎日、かならず一個梅干しを食べるのもおすすめですよ。

リンゴやレモンなども取り入れやすいのではないでしょうか?

 

ニオイを予防できるお風呂の入り方

 

体のニオイが気になっているなら、まずはお風呂からといっても過言ではありませんよね。

においを予防したいなら、入浴して体を清潔に保つことがとにかく重要です。

 

  • 耳の下や後ろ
  • 脇の下股の間
  • ヒザの後ろ
  • 足の裏、指の間

 

この部分は、汗や皮脂がたまりやすいポイントなので、意識してしっかりと洗ってあげるようにしましょう

もちろん、ゴシゴシこすってはいけません。時間をかけて長めに洗ってあげてください。

そしてもう一つ、流すときは丁寧に流し切ること!

石鹸の成分が体に残っていると、これが雑菌の餌になり、ニオイの原因になってしまうんですよ。

お風呂からあがったら、クリームなどで保湿してあげるとさらに良いでしょう。

 

今すぐ臭いをなんとかしたいなら

このように、生活環境を改善することによって体臭は押さえ込んでいきことが可能になります。でも、すぐには効果を感じることができないかもしれません。

ですが、ニオイ対策に特化したグッズを使うと素早くニオイ対策ができてしまうんですよ。

なので、こちらで口コミでも人気になっている体臭予防グッズを紹介しておきましょう。

 

こちらのスプレーは、衣類にシュッと吹きかけるだけでニオイ対策ができてしまいます。お手軽ですし、効果絶大で人気になっているんですよ。

↓ 詳細はこちらをクリック ↓

 

 

体よりもお口が臭っているケースについて

 

相手が顔をそむけたら、口臭が酷いのかもしれません。

口臭が出るということは、口の中にトラブルがあるということ。ではどのような原因が考えられるのでしょうか。

口臭の原因になりやすいのが、虫歯や歯の間の歯垢、舌の汚れになります。

歯周病などの炎症で膿が出てしまっている場合も、悪臭になってしまいますよ。

 

唾液のにおいの確認方法は?

唾液を布やティッシュ、手にとってみて乾燥させてください。

すぐに乾くと思いますが、臭いがある場合は乾燥させると分かりやすくなります。

無臭ということはありませんが、はっきりと臭いがする場合は口臭があると意識したほうが良いでしょう。

そこから、どこが臭っているのかを考えていくと原因がわかりやすいです。

 

どうして口の中の細菌が増えてしまうのか?

 

唾液の量が少ない

口の中の唾液が少なくなると、口の中が乾燥しやすくなります。

すると、最近を飲み込むことがなくなるため、口の中の細菌が増えてしまうんです。

こまめにウガイをしたり、口呼吸をなるべく抑えるようにしましょう。

また、耳の下から顎の下にかけて唾液腺を軽くマッサージしてあげるのも効果的です。

強めではなく軽く押してあげるのがポイントです。

 

 

口の手入れが行き届いていない

ただ歯を磨いているだけでは、十分ではない場合があります。

歯の磨き方が雑だったりすると、歯垢を落としきれません。

歯間ブラシをつかったり、歯磨き後にうがい薬をプラスするなど一工夫くわえると効果的だと感じます。

 

 

口臭の原因は他にも!それが舌なんです

 

口の匂いが気になったとき、自分の舌が真っ白だったらそれが原因かもしれません。

真っ白いものは舌苔といい、コケのように舌の上を覆ってしまいます。

食べ物のカスや汚れ、細菌などがこびり付いてしまうと発生します。

舌苔は、スグに落とすことは難しいので、専用のブラシなどで毎日ケアするようにしましょう。

じょじょに落としていくことがポイントになります。

 

 

お口の臭いを対策できるグッズを紹介します

 

お口のニオイに効果的なものといったら、まず初めに思いつくのが歯磨き粉ですよね。

そのなかでも、消臭効果や予防する効果が良いものといったら今流行の「なたまめ」を使ったものになります。

私も使っていますが、歯医者さんに歯槽膿漏と指摘されていましたが改善している実感がありますよ( ´∀`)bグッ!

こちらで、なたまめを使っている歯磨き粉を紹介しておきますね。




口臭が気になっているなら、こちらの歯磨き粉がオススメ

⇒なた豆歯磨き粉 キャンペーン情報もあります>>

-健康
-, ,

Copyright© Saplist サプリスト , 2017 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。