健康

鼻炎にもう悩まない!【鼻炎の原因と対策】効果的な方法とは!?

投稿日:

 

風邪を引いているわけではないのに、水のような鼻水がドバドバ止まらない。

鼻がつまってしまい、呼吸が苦しいし喉がカラカラ。くしゃみも止まらない・・・。

口呼吸していると喉が乾燥するし、なかなか寝付けないんですよね。ほんとうにつらい症状です。

これは、鼻炎と呼ばれているものなのですが、どのように対策していくのが効果的なのでしょうか。こちらのページでは、原因と対策について分かりやすく紹介させて頂きます。

 

鼻炎は大きく分けて2種類

鼻炎には大きく分けると、2つに分類することができます。急性鼻炎とアレルギー性鼻炎になります。特にアレルギー性鼻炎に関しては、年々増加傾向にあるようです。

食生活の変化や大気汚染・花粉の量が増加しているのが原因といわれています。

では、それぞれどういった症状で、どのように対策していったら良いのか?解説していくことにしますね。

 

1.急性鼻炎について

急性鼻炎は、風邪の症状の1つとして突然出てくる場合があり、鼻の中が乾燥したような感じになってしまい、くしゃみや鼻水・鼻詰まりを引き起こすことになります。

原因
急性鼻炎の原因の多くは、風邪のウイルスによって引き起こされることになります。インフルエンザウィルスなど

急性鼻炎は、風邪の症状が落ち着いてくると、自然となくなっていきます。

症状

鼻づまり
鼻水
くしゃみ
風邪の症状
風邪の症状が一緒に出た場合、急性鼻炎になります。喉の痛みやせき、頭痛や熱が出るなどがあります。

 

治療について

風邪の治療をしながら、対処していくことになります。鼻水を抑えるためにも、抗ヒスタミン薬・抗コリン薬を選ぶようにしてください。

特に鼻詰まりがひどい場合は、ナファゾリン塩酸塩・オキシメタゾリン塩酸塩の点鼻薬を使うのが良いでしょう。鼻粘膜の血管を収縮させるので、鼻の通りが楽になります。

自分で予防するには

急性鼻炎をセルフケアする場合、「いかに風邪をひかないか」にフォーカスしてください。簡単に言うと、風邪をひかなければよいということになります。

仕事や家事の疲れなどがたまってくると、どうしても免疫力が低下してしまいます。

予防法

栄養のバランスに注意する

主食・主催・副菜などバランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

ビタミンCを意識して取り入れ、免疫力を高めよう。

睡眠はしっかり

寝不足は、疲労をためたしまう原因のひとつ。なるべく夜更かしをしないで、規則正しい生活を心がけてください。

お部屋は加湿して

鼻や喉が乾燥してしまうと、風邪をひきやすくなってしまいます。出掛けて家に戻ったら、必ずうがいをする習慣をつけましょう。

加湿器で部屋の湿度を上げるのも効果的ですよ。

 

2.アレルギー性鼻炎について

 

アレルギー性鼻炎は、風邪をひいているわけではないのにくしゃみや、鼻水・鼻詰まりがおこ

 

ってしまう症状になります。花粉やハウスダスト、ダニなどでアレルギー性鼻炎になってしまうのは知っての通りでしょう。

意外なものだと、カビやペットの毛などになります。最近は生活の変化・食生活の変化によって急増しているですよ。

原因

先程も紹介しましたが、花粉や部屋のホコリやダニの死骸、ペットのフケや毛、カビなどが鼻炎の症状を引き起こす原因になります。

症状は

  • とにかくくしゃみが止まらない。
  • 1日に何度もでてしまう。
  • 鼻の中がムズムズ、ジンジンしたりする。
  • 水のような透明な鼻水が止まらない。
  • 鼻をかみすぎて、鼻詰まりになってしまう。

 

アレルギー性鼻炎 3つの治療法とは

1.薬物療法

●抗アレルギー薬
抗原抗体反応がおきた時に、肥満細胞の遊離を抑える薬になります。眠気を伴うことがないので、運転をする方でも安心して飲むことができます。

服用してからの効果がちょっと遅れるのが特徴。2週間程度の期間が必要になります。

●抗ヒスタミン薬
即効性があるのが特徴なのですが、眠気がでてしまうものがあります。特に第一世代と言われている物は、飲む時に注意が必要になります。車の運転に支障が出るので、この場合は第二世代を選んでください。

酷いくしゃみや鼻水にも効果を発揮します。

●点鼻薬

・ステロイド点鼻薬
鼻にシュッっと噴霧する薬になります。くしゃみや鼻水、鼻づまりに効果がありますが、定期的に使用しなければ十分に効果を発揮することができません。1日数回、時間をおいて噴霧する必要があります。

・血管収縮点鼻薬
こちらも噴霧するタイプになるますが、血管を収縮させるものになります。こちらは、長期間使用していると鼻づまりが酷くなってしまう場合があります。点鼻薬なしでは生活できなくなってしまうなんてケースもあるんですよ。試用期間は短めに、どうしても治らない場合は早めに耳鼻科に行くように!

 

2.特異的免疫療法

アレルギー性鼻炎の原因になっている抗原、アレルギーを起こす原因物質の抽出液を低い濃度から注射していきます。だんだんと濃度をあげていき、アレルギーの原因物質に対する免疫を獲得することが目的になります。

抗原に対しての反応を和らげていく方法になりますから、3年程度の期間が必要になりますが、治療の中では唯一アレルギーを治してくれる可能性があるものとなりますよ。

その可能性は、3人に2人程度の約70%となっています。

 

3.手術

鼻づまりがどうしても改善しないという場合、鼻の粘膜を除去する手術が必要になります。最近では、レーザーでの手術も広まっており外来でできてしまうんですって。

手術と聞くと構えてしまうかもしれませんが、思っているより簡単に受けることができます。すぐに受けることができるし、くしゃみや鼻水にも適応してくれますよ。

ただ、再発してしまうことがあるのが弱点かもしれません。

 

アレルギー性鼻炎 自分で予防するには

部屋をキレイにしておく

掃除はこまめにするように。掃除といっても、とにかく掃除機をよくかけるようにしてください。

カーペット・じゅうたんはダニのすみかになりやすいので、使用箇所を減らしていくのも効果的です。

部屋の隅にあるホコリなどをキレイに取り除く。空気清浄機を部屋ごとに設置するのもよいでしょう。

 

抗原が多い場所はマスクを

排気ガスやホコリも原因になるので、出掛けるときはマスクを着用するように。花粉の時期も同様になります。

 

タバコに注意

アレルギー性鼻炎のかたは、なるべくタバコを吸わないようにしてください。家族でタバコを吸う方がいる場合、外で吸ってもらうよう協力してもらう・家の中でもマスクを着用するなどの工夫が必要になりますよ。

 

まとめ

アレルギー性鼻炎の場合は、いろいろな物質が原因になるので、いかにキレイな環境で生活することができるかが重要になります。もちろん、きれいな部屋だけではなく、食事や運動など生活の環境を見直していくことも大切になりますよ。

生活の環境が改善していくと、薬に頼らなくても予防していくことができるでしょう。

食事だけでは補うことができないものに関しては、サプリメントを飲むことによって効果的に予防していくことができます。こちらで、花粉症が対策することができるサプリメントを紹介しておきますね。

毎日飲むことができるし、鼻炎以外にも効果があるので、積極的に取り入れていきましょう。

 

花粉症・鼻炎に効果的なサプリ 4選

つらいアレルギー性鼻炎で悩んでいるけど、できればお薬には頼りたくない!そんな悩みには、やはりサプリメントがオススメになります。飲み続けていても副作用もないし、予防目的で飲むことができます。鼻炎だけではなく、様々な効果が期待できるのが特徴になりますよ。

白井田七。茶




茶は、漢方で上薬とされる田七人参2%と有機緑茶粉末98%で配合されているお茶になります。

カテキンが免疫のバランスを整えて、過敏に反応してしまう体質をサポートしてくれるんですよ。

鼻炎だけでなく、生活習慣でコレステロールや血糖、体重が気になっている人も!

>>白井田七。茶の詳細ページは⇒こちら!

 

北山村産のじゃばらサプリ




和歌山県特産のじゃばらを使用した花粉対策サプリメントになります。

スーパーフラボノイドと呼ばれる、ナリルチンが他の柑橘類より圧倒的に多く含有しているのがじゃばらなんですよ。

ジュースタイプと粒タイプ、二種類あるので飲みやすいですよ。

花粉症で悩んでいるならおすすめになります。

>>北山村産のじゃばらサプリの詳細ページは⇒こちら!

えぞ式すーすー茶




えぞ式すーすー茶は、つらい鼻づまりや止まらない鼻水を対策することができます。

副作用もなくノンカフェインなので、お子さまからお年寄り、妊婦さんまでと体に優しいお茶なんですよ。

バラ科の甜茶・熊笹・赤しそ、これら3つの茶葉を独自の配合バランスでブレンドしているのが特徴になります。

自然にスッキリを実感したいなら!

>>えぞ式すーすー茶の詳細ページは⇒こちら!

薩摩なた豆爽風茶




なた豆は、古くから「カラダによいスッキリ豆」と知られ、 季節の変わり目にドッとくるなどのお悩みをケアに用いられてきました。

なたまめは花粉症だけではなく、蓄膿症・口臭・腎臓病・歯周病などにも効果的といわれています。歯磨き粉にも使われているので、ご存知かたも多いのではないでしょうか。

刀豆ナタマメ協会にも認定されている商品なので、安心して飲んでいくことができますよ。

>>薩摩なた豆爽風茶の詳細ページは⇒こちら!

-健康
-,

Copyright© Saplist サプリスト , 2017 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。